大都会東京でセミリタイヤ戦略!
大都会東京でセミリタイア目指して奮闘中。成功哲学,セミリタイヤ,人脈形成、メンター、バスケ、健康的生活などについて語ります。
最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

忍者ツール

プロフィール

張 徳義

Author:張 徳義
東京で老人介護事業展開中!!
大都会東京でセミリタイア生活を目指し日々奮闘中!
mixiでは「ドギちゃん@年収1億円」。
私は自己を高め、夢・自己実現・出会い・健康について常に自分らしく価値ある人生を送っていきたいと思っています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死は身近なもの
昨日はお客さん(介護事業)の、お通夜にいってきました。

先週まで仲良く話したり、お風呂に入ったりしていたのに・・・

先週末に体調をくずされ入院。

2日間で様態悪化、かえらぬ人に。

改めて死は身近なものだと感じました。

介護の仕事は、立ち会う場面が多いですが人の死に対して、なれることはないです。

介護関係の仕事をたずさわれば分かるのですが、亡くなることによって介護からの開放があるのも事実。

死というものの深みや、意味をつねに考えてしまいます。

ただいえることは、明確な答えなどなく毎日を大切にいきることです。

自己満足なのですが、後悔をしたくないので介護も全力でいきます。

故人に対して、最高のサ-ビスができたと、本当に思っています。

自分が明日、1ヶ月の命だったら何をしますか?

出来ることを先延ばしにしていませんか?

明日から?4月から?

今日からしましょうよ!

いや!今からこの瞬間から!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

>藤井先生
そうですね。
頑張れるときはがんばる!
そして、実績を残して道をつくる。
今の行動はぶれてないので、きっと振り返ったとき後悔はしないでしょう。
【2007/03/30 09:25】 URL | ドギ #- [ 編集]


お悔やみ申し上げます。
うちらにもかならず訪れる。
年をとること、身体が不自由になること、死ぬこと。
介護の現場を通じて考えさせられますね。
死ぬまで、笑顔でいられる人間でありたいね。
そのために、1日を元気に過ごそうと思います。



【2007/03/30 00:32】 URL | 藤井 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chandogi33.blog75.fc2.com/tb.php/52-6f893cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。